不動産売却で知っておきたいこと

不動産の仲介売却では手数料を知ることも大事

投稿日:

所有している不動産を手放す時は、不動産業者に仲介を頼んで売却することも多いパターンです。その際、留意しておきたいことには仲介手数料もあります。仲介手数料は売却価格により上下しますが、それなりの金額になることも珍しくありません。ここではその費用について、お話していきます。

物件の売却価格で異なる仲介手数料

仲介手数料は、売却希望物件を不動産業者などの仲介業者に売ってもらった際に支払う費用です。成功報酬型の費用ですから、売買契約に至らなかった場合では発生することがありません。これは基本になりますので、押さえておきたいポイントです。不動産業者により媒介手数料となっていることもありますが、同じものを意味します。また、この費用には売却価格ごとに上限が規定されていますが、それでも3千万円で物件を売却した場合、100万円を超えてしまいます。決して小さな金額ではありませんから、不動産売却を検討する際は、仲介手数料を考慮に入れておくことが大切です。

場合により値引きが期待できることも

上限が規定されている仲介手数料ですが、中には他社にアドバンテージを付けるため、この費用をプライスダウンしている不動産業者も見られます。そのほか、値引きを交渉できる場合もあります。基本的には不動産業者の利益に直結する部分ですから、それが難しいこともありますが、値引きを申し出るなら、仲介契約を締結する条件に織り交ぜることも名案です。仲介の場合、不動産業者は可能であれば専属専任の仲介方法で契約を取りたいことが多いため、契約条件のカードに値引きを使うという方法があります。契約後では難色を示されるばかりか、買い手が現れてからの交渉はマナー的にも良くありませんので、タイミングが重要です。

契約先は総合的に判断して決めましょう

仲介手数料を支払うタイミングには、売買契約が成立した後、不動産を引き渡す時にあわせて支払うパターンと、何回かに分けて支払うパターンが見られます。どの方法かは不動産業者によって違いますから、最初に問い合わせておくと良いでしょう。また、この費用は仲介での不動産売却では重要なポイントですが、契約先を選ぶ際は、不動産業者の対応や信頼性で決めることも大切です。それを見極めるには、不動産業者が売却希望物件を実際に査定する時もベストタイミングです。不動産業者が物件を査定している時は、依頼者がその仕事ぶりや対応を査定しておくことも有効です。

まとめ

仲介手数料は仲介による不動産売却では必要な費用であり、売却価格ごとに上限が規定されています。しかし物件の売却価格によりましては高額になりますので、その金額を踏まえて不動産の売却プランを考える必要があります。また、値引きを行う際はタイミングに留意して、契約先の不動産業者を決める時は総合的に判断することが大切です。

-不動産売却で知っておきたいこと

Copyright© 不動産売却査定口コミナビ , 2019 All Rights Reserved.