不動産売却で知っておきたいこと

不動産売却はどの方法で売るかがポイント

投稿日:

持ち家や土地を売る場合、不動産業者に相談することが一般的です。しかし不動産売却には幾つかの方法があるため、どの方法で申し込むかがポイントになります。売却方法により、販売価格や売却期間も異なってきますから非常に重要です。それではどんな方法や特徴があるか、早速見ていきましょう。

それぞれに特徴がある買取りと仲介

不動産業者に持ち家の売却を依頼する場合、大きく分けて買取りと仲介の2種類の方法があります。それぞれの特徴ですが、買取りは不動産業者が直接買上げてくれるため、短期間で売買契約を成立できることが大きな特徴です。ただし、基本的に売却価格は不動産業者が査定した金額になります。一方、仲介は不動産業者が窓口になって、持ち家を代理で販売してくれる方法です。この方法では、一定の範囲内なら不動産業者と相談の上で、希望価格を販売価格に織り交ぜることもできます。しかし、いつ売れるか分からない点を考慮しておく必要があります。

不動産売却で仲介が有効となる状況

そこで、持ち家の売却を急いでいる訳ではなく、ある程度期間的に余裕があるなら、仲介で売却することが得策です。特に開発が済んだエリアでは、不動産の購入希望者は中古物件が売りに出されるのを待つしかないケースも多々あります。ですから購入希望者が待機しているエリアなら、多少金額が高くても売買契約に至る可能性があります。上手くすれば比較的短期間で買い手が現れることも考えられますので、売却期間に余裕がない場合でも、仲介は有効な方法です。万一、買い手が一向に現れない時は販売価格を下げるなど、不動産業者と相談して何らかの対策をとることが一般的です。

売却を急いでいるなら買取りが魅力的

もしも住み替え先の住居を既に購入しているなど、期間内にまとまったお金を揃える必要がある場合は、買取りが魅力的な方法です。この方法なら、いつ現れるか分からない購入希望者の出現を待つ必要がありませんから、スケジュールに沿った住み替えが行えます。また不動産業者により、仲介販売期間を設定して、その期日までに売れなかった時は、買取りに切り替えてくれる業者もあります。買取りを保証してくれる所なら急いでいる場合でも安心して仲介販売を申し込めますから、そのサービスを提供している不動産業者を探すことも良い方法です。

まとめ

持ち家や土地などの不動産売却には買取りと仲介の2種類の方法があるため、それぞれの特徴に合わせて売却方法を選ぶことが大切です。また不動産業者により、買取り保証の付いた仲介販売を提供している場合がありますから、必要に応じて検討すると良いでしょう。

-不動産売却で知っておきたいこと

Copyright© 不動産売却査定口コミナビ , 2019 All Rights Reserved.