不動産売却で知っておきたいこと

不動産売却には基礎知識と戦略が必要

投稿日:

不動産売却には、仲介業者の選択や売却時期の見極めなどの知識が必要です。査定の根拠確認や不動産会社の活動の仕方の比較などもしなければなりません。ネットで知識を得たり複数の業者スタッフに話を聞いたりことが大事です。

査定から不動産会社と関わる始まり

不動産売却を希望する場合は、すぐに近くの不動産会社に依頼するよりも、複数社に査定依頼をすることから始めるのが良いでしょう。提示された査定価格は売却価格ではなく相場です。査定の根拠は取引事例などのデータと経験に基づく相場情報や地元の生情報ですから、そこから業者の実績が判ります。査定価格の差は、実績の有無と契約を目的とした虚偽ですから、高ければ良いというものではないということを認識しておく必要があります。その上で絞り込んだ数社には実際の状況を見る訪問査定を依頼します。土地の形や家屋の状態、道の状況など、あらゆることが売却価格に関わるからです。

不動産会社の実力とノウハウにも差がある

価格査定をすることで不動産会社の信頼性の有無を見ることはできますが、当然複数の会社が目前に残ります。しかし、マンションに特化したところもあれば、地元密着型でその地域に特化した業者もあります。また、売却にあたっての活動方法もそれぞれに違います。購入希望情報をどれだけ多く持っているかで早期に売却できるかどうかも違ってきます。また、こちらが買い替えによる売却の場合には、売るだけでなく良い物件の購入も同時に行えるスムーズさも欲しいという希望もありますから、不動産会社の特徴を多面から捉えて選択する必要があります

不動産会社の売却セミナーに参加する

不動産会社によっては不動産の売却や購入に関する無料セミナーを開催しているところがあります。売りも買いも仲介に大いに自信がある不動産会社は、売買に必要な基礎知識と満足できる不動産取引のノウハウをセミナーで丁寧に教えています。また、自社の売却活動の特徴もその中でアピールしていますので、相手を具体的に知るには良い機会でもあります。ネットで様々な知識を得るだけでなく、それを立体化して広い視野と深い洞察力も身につけられます。複数社のセミナーを受けて、特徴の違いを比較してみるのも良いことです。査定での絞り込みでは、まだまだ視野も狭くわかりにくいことが多い素人にセミナーは大いに意義があります。

まとめ

不動産売却のノウハウをある程度身につけても机上の理論では後で後悔をする売却となってしまいます。具体的な例と売却方法、タイミングなど、不動産会社の無料セミナーに参加してとことん納得をし、信頼できるか確認してから売却するのがおすすめです。

-不動産売却で知っておきたいこと

Copyright© 不動産売却査定口コミナビ , 2019 All Rights Reserved.